和歌山資産家急死:謎深まる覚醒剤経路 常用の可能性低く

毎日新聞 / 2018年6月23日 16時16分

「紀州のドンフアン」と呼ばれた和歌山県田辺市の会社社長、野崎幸助さん(77)が急死して24日で1カ月となる。死因は急性覚醒剤中毒と判明したが、大量の覚醒剤をどのように摂取したか、そもそも誰がどうやって入手したのかなど経緯には謎が多い。真相解明に向け、県警は慎重に捜査を進めている。5月24日午後10時半ごろ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング