西日本豪雨:福岡・朝倉また被害 仮設道路削られ橋も崩落

毎日新聞 / 2018年7月10日 18時20分

昨年7月の九州北部豪雨から5日で1年を迎えたばかりだった福岡県朝倉市は、再び豪雨に見舞われ応急道路が濁流で削り取られるなどの被害が出た。市によると、農地や道路、河川などで125件(速報値)の被害が確認された。同市杷木松末(はきますえ)の乙石川沿いでは、応急仮設道路が川の増水で大きく削られた。仮設の橋も崩落。復旧を進める工事車両などが行き交っていたが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング