いじめ自殺:学校側の対応遅く ネットで「炎上」相次ぐ 

毎日新聞 / 2018年7月13日 8時44分

「遺族の意向で答えられない」。新潟県下越地方の県立高3年の男子生徒(17)が先月末いじめを苦に自殺した可能性がある問題で、12日に記者会見した同校校長や県教育委員会はそう繰り返し、いじめの詳細を明らかにしなかった。県内ではここ数年、学校側の対応が後手にまわり、いじめによる自殺やインターネット上での「炎上」事案に発展するケースが相次いでいる。再発防止を徹底するためにも、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング