豪雨:関市で行方不明の廃刀61本発見

毎日新聞 / 2018年7月17日 19時10分

西日本豪雨で岐阜県関市内の津保川が氾濫し、同市神野の刀匠(刀職人)の男性(33)宅から倉庫ごと流されたと届け出のあった廃刀について、県警関署は17日、男性宅付近で発見したと発表した。当初約20本が流出とされたが、発見は61本。被災の混乱で本数がはっきりしなかったといい、同署は全て回収したとみている。同署によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング