鳥取県消費生活センター:架空請求 偽の通知で現金詐取

毎日新聞 / 2018年7月19日 9時52分

鳥取県消費生活センターは、昨年度の県内の相談状況をまとめた。相談件数は7056件と過去5年間で最多となった。メールやハガキを一方的に送りつけ、アダルトサイトの未納料金があると偽ったり、公的機関をかたって民事訴訟が起こされたとありもしない事実を通知したりして、現金をだまし取る架空請求の手口が増えているという。【阿部絢美】同センターによると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング