カジノ法成立:それどころでは…被災地では嘆きの声

毎日新聞 / 2018年7月20日 23時12分

カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法が成立した20日、大阪や和歌山など誘致を目指す自治体は歓迎を表明する一方、治安の悪化やギャンブル依存者の増加を懸念する市民からは批判が相次いだ。「正直それどころではない」。猛暑の中で捜索や片付けが続く西日本豪雨の被災地では「政治は一体、どこを向いているのか」と嘆きの声が聞かれた。「広島の被災は遠い話なのか……」。この日も厳しい日差しが照りつけた西日本豪雨の被災地。土石流で住民が死亡した広島市安芸区矢野東7でクリーニング店を営む湊宏子さん(75)には、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング