愛知・豊山の廃ホテル殺人:フィリピン人が殺害認める

毎日新聞 / 2018年8月1日 18時35分

愛知県豊山町の廃業ホテルで昨年4月、イラン国籍の男性が遺体で見つかった事件で、県警西枇杷島署捜査本部が強盗殺人と死体遺棄の容疑で逮捕状を取り国際手配していたフィリピン国籍の30代の男は帰国後、フィリピンの警察当局に男性殺害を認める供述をしていた。捜査関係者への取材で判明した。殺害された遺体で見つかったのは住所・職業不詳、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング