障害者雇用:「水増し」愛媛県も15年以上

毎日新聞 / 2018年8月20日 22時17分

愛媛県は20日、県と県教委の障害者雇用率を算定する際、障害者手帳の確認などを行わず、法定雇用率を上回ったように国に報告していたと発表した。再計算すると法定雇用率を大幅に下回り、県は「水増しと指摘されても仕方がない」とし、経緯などを調べている。少なくとも15年にわたって不適切な算定が行われていたという。障害者の雇用率は障害者雇用促進法で定められ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング