岐阜:豚コレラ、岐阜県が8月下旬に異変把握

毎日新聞 / 2018年9月12日 22時27分

岐阜市の養豚場で国内では26年ぶりとなる豚(とん)コレラウイルスが検出された問題で、岐阜県は12日、防疫対策本部会議を開き、今月上旬に豚が多数死ぬ前の8月下旬、既に豚の衰弱や死などの異変を把握していたことを明らかにした。これまで県は、今月3日に同市畜産課の獣医師から死んだ豚の検査を依頼され、異常の把握につながったと説明していた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング