写真

橋桁が撤去され、復旧作業が進む関西国際空港の連絡橋=2018年9月14日午後3時26分、本社ヘリから望月亮一撮影

台風21号の影響で一時閉鎖され、復旧が進む関西国際空港で14日、第1ターミナルの南側部分やA滑走路の再開に加え、破損した空港連絡橋の橋桁を撤去する作業が終わった。自動車専用道路の全面復旧のめどは立っていないが、撤去により、橋上の鉄道部分の破損確認や修復も本格化し、JR西日本や南海電鉄による運行再開は21日になる見通しだ。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング