獣害:若手農家がハンター組織 イノシシ捕獲し肉も活用

毎日新聞 / 2018年9月22日 10時38分

イノシシによる農作物被害が深刻化する中、熊本県内の若手農家らが自衛組織「くまもと☆農家ハンター」を結成し、多彩な活動を展開している。メンバー自ら狩猟免許を取得し、情報通信技術(ICT)を駆使。箱わなによる捕獲を続けながら、電気柵など防御の普及に取り組み、捕獲したイノシシ肉の活用や骨や皮などの堆肥(たいひ)化も模索する。目指すはイノシシ対策を通じて地域の「希望の星」になることだ。農家ハンター結成のきっかけは同県宇城市の洋ラン農家、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング