多頭飼育崩壊:自治体の積極介入必要 姉妹を書類送検

毎日新聞 / 2018年9月25日 20時28分

愛知県警北署は25日、名古屋市北区の市営住宅で猫約40匹を劣悪な環境で飼育したとして、元住人の49歳と48歳の姉妹を動物愛護法違反(虐待)容疑で名古屋地検に書類送検した。管理できない数のペットを飼育し、周囲にも悪臭などの被害を及ぼす「多頭飼育崩壊」は社会問題化しており、専門家は自治体などの積極的な介入の必要性を指摘する。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング