伊方原発:異議審決定「許しがたい」 住民側弁護団

毎日新聞 / 2018年9月25日 20時39分

四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止め命令を取り消した広島高裁の異議審決定を受け、住民側弁護団の一人の海渡雄一弁護士(第二東京弁護士会)は25日夕、東京都内で記者会見し「原発は1万年に1度という事象にも対応しなければいけない、というのが国際的に確立した考え。異議審決定はそれを『社会通念』の一言で否定した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング