堺・弟殺害:父の体内からも睡眠薬成分 殺人容疑再逮捕へ

毎日新聞 / 2018年10月17日 11時41分

堺市で今年3月、水道工事会社社長、足立朱美被告(44)=殺人罪で起訴=が練炭自殺を装って弟を殺害したとされる事件で、6月に死亡した父親の体内から睡眠薬の成分が検出されたことが、捜査関係者への取材で分かった。弟の体内からも同じ成分の睡眠薬が検出されている。大阪府警は、足立被告が弟と同様に、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング