海保:小笠原の生命つなぐ急患輸送

毎日新聞 / 2018年10月22日 9時30分

海上保安庁の航空機が、小笠原諸島(東京都)の急患輸送の一翼を担っている。急患として運ばれた患者、輸送を担う海保のパイロットや整備士、特殊救難隊員らに現状を聞いた。【米田堅持】自衛隊と海保連携の急患輸送小笠原には空港や飛行場はないが、同諸島の父島には海上自衛隊の基地があり、飛行艇などの航空機による急患輸送も行われている。しかし、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング