入管法改正案成立へ 支援団体も懸念「声の出せない閉鎖コミュニティーが増える」

毎日新聞 / 2018年12月6日 21時8分

在留外国人を支援する団体も、入管法改正案成立を急ぐ政府の姿勢に懸念を示している。支援団体「移住労働者と共に生きるネットワーク・九州」事務局の竹内正宣さん(63)によると、外国人向けの生活相談会を開いても技能実習生はあまり参加せず、労働相談は多くなかったという。竹内さんは「実習生は日本語が拙く、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング