49歳塾教室長の過労死、労災認定 渋谷労基署

毎日新聞 / 2018年12月7日 21時4分

栄光ゼミナールで知られる学習塾大手「栄光」(東京都千代田区)の社員で、個別指導塾「ビザビ」の教室長だった49歳の男性が死亡したのは長時間労働が原因だったとして、渋谷労働基準監督署が労災を認定した。遺族らが7日、記者会見して明らかにした。認定は先月15日付。遺族代理人の川人博弁護士によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング