京都市議会、「議員バッジ」金メッキ製に 22金製から変更

毎日新聞 / 2018年12月11日 11時10分

京都市議会(定数67)は議員バッジを現在の22金製から金メッキ製に変える。金の価格高騰の影響も受け、制作費が1個約6万円と全国20政令市で最も高額になっており、厳しい市財政を踏まえてコストを削減する狙い。来年4月の市議選後の交付から変更する。バッジは直径14ミリの菊形で中央にプラチナ製の市章がデザインされ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング