「環濠都市」の町家減少 背景に高齢化 大阪・堺

毎日新聞 / 2018年12月15日 14時49分

中世から交易で栄えた堺市は、堀で囲まれた「環濠(かんごう)都市」として北部地区に多くの町家が残ることでも知られている。しかし市によると、2014年度に300軒近くあった町家が、約4年間で1割以上減った。所有者の高齢化に伴う維持管理の難しさなどが背景にあるとみられ、地元の住民は「町並みを守る取り組みを強化してほしい」と訴えており、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング