特殊詐欺をAIで防ぐ 「被害者」判別し警告 ATMで実証実験

毎日新聞 / 2018年12月16日 7時0分

人工知能(AI)の技術を活用し、現金自動受払機(ATM)を使った特殊詐欺を未然に防ぐシステムの開発が進んでいる。AIがATMの監視カメラ画像を解析し、被害に遭いそうな利用者に警告する。逆に犯人の可能性がある怪しい利用者を検知するATMも登場。振り込み型の詐欺は減少傾向にあるが、被害額は依然として年間70億円に上っており、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング