妊娠中風疹で娘に難聴 大阪の女性、ワクチン早期接種呼びかけ

毎日新聞 / 2018年12月16日 7時30分

風疹が猛威をふるう中、予防接種の大切さを広めようと奔走する女性がいる。大阪府守口市の大畑茂子さん(52)は妊娠中だった21年前に風疹にかかり、生まれた娘には難聴の障害が残った。「子供に被害が及ぶのは、声を上げてこなかった私たちの責任だ」。大畑さんは同じような母親らと家族会を発足させ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング