阪神大震災復興住宅での孤独死70人 兵庫県内で2018年

毎日新聞 / 2019年1月11日 21時49分

兵庫県内にある阪神大震災の災害復興公営住宅に1人で暮らし、誰にもみとられずに「孤独死」した入居者が昨年1年間で70人に上ったことが分かった。兵庫県警の検視結果を基に毎日新聞が集計。統計を取り始めた2000年以降では02年(77人)に続いて多く、累計は1097人となった。県内の復興住宅は269棟あり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング