「地震忘れないで」20歳の自分へ、タイムカプセル開封 岩手・山田町

毎日新聞 / 2019年1月12日 20時45分

東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県山田町で12日、震災当時、町立大沢小の6年生だった新成人18人が、卒業時に埋めたタイムカプセルを掘り起こした。20歳の自分にあてた手紙には「町はどうなっていますか」「地震を忘れないでほしい」など被害の様子や復興への願いが書かれ、新成人たちは古里への思いを新たにした。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング