特殊狭軌の車輪の動き、目の当たりに…シースルー列車 三重・四日市

毎日新聞 / 2019年1月16日 9時59分

三重県四日市市は15日、四日市あすなろう鉄道に床面を透明化した「シースルー列車」を1両導入し、28日から運行すると発表した。全国に3路線しかない特殊狭軌(ナローゲージ=762ミリ)の車輪が動く様子などを床窓から眺められ、鉄道ファンらの関心を引きそうだ。1編成(3両)の1両に特設。床面に強化ガラスの窓(縦約67センチ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング