「日本、ならず者ではない」駐ロス総領事が捕鯨批判に反論寄稿

毎日新聞 / 2019年1月16日 10時47分

【ロサンゼルス長野宏美】米ロサンゼルス・タイムズ紙は15日、日本の国際捕鯨委員会(IWC)脱退を非難した同紙の社説に反論する千葉明・駐ロサンゼルス総領事の寄稿を掲載した。同紙は3日、日本のIWC脱退は動物愛護団体の観点から「ならず者国家に見える」と指摘し、「脱退を見直し、捕鯨をやめるべきだ」と促す社説を載せた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング