「国際ハゲタカ学会」横行 料金払えば審査なく参加 「業績」で箔付け

毎日新聞 / 2019年1月19日 8時0分

ずさんな審査で論文を掲載し掲載料を得るインターネット専用の粗悪学術誌「ハゲタカジャーナル」と同様に、参加料収入が目的とみられる国際学会が国内外で開かれている。学会の体裁をとるが発表内容の事前チェックはほとんどなく、研究者は事実上、参加料を払うだけで「国際学会で発表した」というお墨付きが得られる。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング