大阪の水道不正、損害賠償請求へ 吉村市長「関与の業者には厳しく対応」

毎日新聞 / 2019年2月12日 21時4分

大阪市発注の上水道工事を巡り、施工業者が指定された資材を使わず不正な利益を得ていた問題で、吉村洋文市長は12日、関わった業者に損害賠償請求する意向を示した。市水道局もこの日に記者会見し、調査した工事1175件のうち、約9割の工事で不正を確認したと明らかにした。関与した業者は約400社に上るとみられる。市は3月末までに調査結果を公表し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング