業務システムで個人情報閲覧し押しかけ 高崎市職員を懲戒免職処分

毎日新聞 / 2019年3月16日 8時30分

群馬県高崎市は15日、女性宅に押しかけるなどしたとして県迷惑防止条例違反の疑いで逮捕された主事(32)を懲戒免職処分にした。市の調査で、元主事は、業務で使用するシステムを不正利用し、被害女性の住所などの個人情報を閲覧していたことが分かった。市によると、元主事は2月15日午後、インターネット上で電話番号を知った西毛地域の女性介護士(35)に電話を数回かけ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング