兵庫・尼崎中2女子生徒自殺 第三者委が報告書でいじめ認定

毎日新聞 / 2019年3月18日 20時40分

兵庫県尼崎市で2017年12月、「学校がしんどいです」とのメモを残して市立中学2年の女子生徒(当時13歳)が自殺し、いじめの有無を調査していた市教委の第三者委員会は18日、報告書を公表した。同級生から悪口のいじめがあったと認定。さらに誤解に基づく教諭の叱責が加わったことで「学校に絶望し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング