サイボウズ青野社長「同姓と別姓、選べる社会に」 損害賠償訴訟25日判決

毎日新聞 / 2019年3月23日 13時19分

夫婦別姓を選べる法制度がないのは「法の下の平等」を定めた憲法に違反しているとして、東証1部上場のソフトウエア開発会社「サイボウズ」(東京都中央区)の青野慶久社長(47)ら男女4人が、国に計220万円の賠償を求めた訴訟の判決が25日、東京地裁で言い渡される。青野社長は「夫婦同姓にしたい人は同姓を、夫婦別姓にしたい人は別姓を、当たり前に選べる社会になってほしい」と判決に期待する。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング