読売新聞記者がセクハラ 懲戒処分へ

毎日新聞 / 2019年3月23日 19時50分

読売新聞グループ本社は23日、富山支局の男性記者(32)が今月1日に富山市内で開かれた報道各社の懇親会で、他社の女性記者にセクハラ行為をしていたと発表した。同社広報部によると、男性記者は酒に酔い、女性記者に性的な発言をしたうえ、体を触るなどした。女性記者や他の参加者から制止されたが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング