兵営跡地を戦争遺跡にと県が購入へ 高知

毎日新聞 / 2019年3月24日 10時25分

高知県は、旧陸軍歩兵第44連隊の兵営跡地(高知市曙町2)の購入手続きを進めている。跡地は1900年ごろから終戦にかけ戦地へと向かった旧日本兵の拠点で、県は歴史的価値が高いと判断した。【郡悠介】跡地の大部分は高知大の朝倉キャンパスとして使われており、県が購入を検討するのはキャンパス西隣の一角。1897年ごろに建てられた弾薬庫と講堂の二つが一部改修され、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング