空き家や空き店舗を「学生寮」に 山形市、街の活性化へ

毎日新聞 / 2019年3月25日 7時0分

全国で空き家問題が深刻化する中、山形市に本部がある東北芸術工科大学と山形大学が山形県などと協力し、市街中心部の空き家や空き店舗を学生寮として改装する取り組みを始める。両大の学生は約7割が県外出身で、市内に住まない学生も多く、学生を市中心部に呼び込んで街の活性化につなげる狙い。国の「住宅セーフティーネット制度」の活用も想定しており、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング