顔写真鑑定の信頼性認める 「友人が運転」主張の女性に有罪判決 福岡地裁

毎日新聞 / 2019年3月25日 17時20分

乗用車でスピード違反をしたとして道路交通法違反(速度超過)に問われ、「友人が運転していた」と無罪を主張していた福岡県の20代の女性被告の判決公判が25日、福岡地裁であった。速度違反取り締まり装置が撮影した運転者の顔写真について、弁護側は「不鮮明」と疑義を示していたが、太田寅彦裁判官は、顔写真の鑑定を信用できると判断。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング