名古屋城復元 工期遅れ決定的に 有識者会議、解体方法を否定

毎日新聞 / 2019年3月25日 22時1分

名古屋城天守閣の木造復元で、名古屋市が目指す「2022年末完成」の工期の遅れが決定的となった。復元に先立って市が計画する現天守閣の解体工事について、石垣保全を検討する有識者会議が25日、「保全の視点がなく、全く計画として成り立っていない」などと否定した。それでも市は4月、文化庁に解体に向けた許可申請を強行する方針だが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング