いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患

毎日新聞 / 2019年3月26日 5時0分

広島県呉市の市立中学3年の男子生徒(15)が下着を脱がされるなどのいじめで不登校になり、精神疾患を発症したと訴えたのに、学校が半年以上「重大事態」として扱わず第三者委員会の設置などの対応をしなかったことが分かった。国の指針では被害者が申し立てた場合、学校は重大事態を前提に報告・調査するよう規定。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング