「ミス数えきれず」 会見で大学側おわび 京都大不正

毎日新聞 / 2019年3月26日 23時28分

科学への信頼を揺るがす不正が、西の最高学府で確認された。京都大大学院理学研究科の林愛明(りん・あいめい)教授らがまとめた熊本地震(2016年4月)に関する研究論文で、データの盗用・改ざんが見つかったとして、大学側が26日夜に開いた記者会見。潮見佳男副学長らは「極めて遺憾で心よりおわび申し上げる」と頭を下げた。問題の論文は16年10月に発表された。阿蘇山地下の「マグマだまり」が、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング