写真

東京電力福島第1原発の使用済み燃料プールで専用クレーンを操作し取り出される核燃料=2019年4月15日(東京電力提供)

東京電力は15日、事故を起こした福島第1原発3号機の「使用済み燃料プール」から核燃料の取り出しを始めた。機器が引っかかるトラブルはあったが、予定通り、未使用の燃料4体をプール内にある輸送容器に入れ、作業を終えた。事故で炉心溶融(メルトダウン)した1~3号機から燃料を取り出すのは初めて。2014年末に始めるとしていた国の計画は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング