兵庫県多可町の町立小学校5年の女子児童(当時10歳)が2017年5月に自殺した問題で、いじめの経緯などを再調査していた第三者委員会は15日、他の児童と遊ばせないなどのいじめが「自殺の最も大きな要因」と改めて結論づけ、報告書を公表した。再調査を求めた遺族は「自死に至った経緯を十分理解できた」と評価した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング