世界最小で生まれた男児退院 「輝き方でも世界一」 桜の下で家族水入らず

毎日新聞 / 2019年4月20日 17時38分

男児で世界最小とされる体重258グラムで生まれ、無事に成長した関野竜佑(りゅうすけ)ちゃんが20日、長野県立こども病院(安曇野市)を退院した。両親と兄2人、姉に囲まれ、自宅のある軽井沢町で過ごす。父康平さん(45)と母俊子さんは病院のスタッフに「お世話になりました」とあいさつし、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング