警官も見抜けぬ?精巧偽造在留カード横行 入管法改正で拡大の恐れ

毎日新聞 / 2019年4月21日 12時34分

精巧に偽造された在留カードが神奈川県内で相次いで見つかっている。県警によると、所持や行使などの疑いによる外国人の検挙は、昨年までの過去5年間で計181件に上った。今月から改正入管法が施行され外国人労働者の受け入れが拡大される中、県警の担当者は「在留期限が切れれば、(偽造カードの)需要が生まれかねない。別の犯罪や劣悪な労働にもつながるインフラだ」と警戒している。【杉山雄飛】県警は昨年11月、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング