中学生5人を高速道路で警備員として違法に雇用した疑い 警備会社を書類送検

毎日新聞 / 2019年4月24日 19時5分

高速道路で男子中学生5人を警備員として働かせたとして、大阪府警は24日、京都府八幡市の警備会社「大伸警備」の取締役の男(40)=大阪府四條畷市=ら2人と、法人としての同社を労働基準法(最低年齢)違反の疑いで書類送検した。男は「中学生と分かっていたが、人を集めないといけなかった」と容疑を認めている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング