「規制委は最低限のことをしただけ」川内原発・稼働反対の市民ら

毎日新聞 / 2019年4月24日 21時19分

九州電力川内原発1号機(鹿児島県薩摩川内市)などを対象に、テロ対策拠点である「特定重大事故等対処施設」(特定施設)の設置期限延長を認めない決定を原子力規制委が24日、電力会社に突きつけた。原発再稼働に反対し訴訟が相次ぐ中、運転停止へ向かうのか。地元は今後の成り行きを注視している。「最低限のことをしただけだ」。再稼働原発のうち1号機が全国で最も早く、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング