「見た目は女性だが心は男」 女性課長に 兵庫県教育長が不適切発言

毎日新聞 / 2019年5月21日 11時27分

兵庫県の西上三鶴教育長が16日にあった県小学校長会の総会で、出席していた県教委の女性の課長について、「見た目は女性だが心は男」という趣旨の発言をした。県教委への取材で明らかになった。西上教育長は「褒めるつもりで言ったが、性差を意識させる言葉であり、不適切だった」と釈明しているという。県教委総務課によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング