雨傘のシェアリングサービス「アイカサ」 福岡市の天神・博多中心にスタート

毎日新聞 / 2019年5月22日 11時3分

梅雨入りを前に、福岡市の天神・博多地区を中心に、雨傘のシェアリングサービス「アイカサ」がスタートした。西鉄福岡(天神)駅や商業施設「キャナルシティ博多」など41カ所に計1000本が設置され、急な雨などの際に役立ちそうだ。傘のごみ削減も期待され、新たなシェアビジネスが浸透するか、注目される。ベンチャー企業「ネイチャー・イノベーション・グループ」(東京)のサービスで、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング