教頭「隠蔽する意図なかった」 市尼崎バレー部体罰で会見

毎日新聞 / 2019年5月22日 21時45分

兵庫県尼崎市立尼崎高校の男子バレーボール部でコーチを務める男性臨時講師(28)が3年生部員にけがをさせた問題で、桑本広志校長は22日、記者会見し、「部活動を顧問に任せきりで、体罰が行われているとは思ってもいなかった。認識が甘かった」と謝罪した。一方、市教委は、けがをしたことを体育科担当の般若利博教頭が校長に報告しなかったことについて「隠蔽(いんぺい)に近い」と認定したが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング