10歳長女に熱湯、けがをさせる 米国籍の56歳父を傷害容疑で逮捕 栃木県警日光署

毎日新聞 / 2019年5月27日 22時5分

栃木県警日光署は27日、長女(10)を殴ったり熱湯をかけたりして負傷させたとして、宇都宮市の自営業の米国籍の男(56)を傷害容疑で逮捕した。同署によると、「熱湯はかけていない」などと容疑を一部否認しているという。逮捕容疑は26日午後7~9時ごろの間、自身が経営する栃木県日光市内の宿泊施設で小学5年の長女の頭や背中を棒などで殴ったり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング