草津温泉 伝統の「湯長」廃止へ

毎日新聞 / 2019年6月17日 19時54分

群馬県草津町は、草津温泉で100年以上の伝統を持つ「時間湯」と呼ばれる独特の入浴法を指導する「湯長(ゆちょう)」の制度を今年度末で廃止する。町側は、湯長が湯治客に体調を聞く行為が「医療行為の『問診』に当たる恐れもある」などと説明。一方、長年の伝統が突然なくなることに湯治客や関係者からは戸惑いの声が上がっている。時間湯は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング