意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪

毎日新聞 / 2019年6月18日 12時39分

大阪府吹田(すいた)市の交番で警察官が刺されて拳銃を奪われた事件で、府警は18日、意識不明の重体だった古瀬鈴之佑(こせ・すずのすけ)巡査(26)が手術を受け、快方に向かっていることを明らかにした。古瀬巡査は16日午前5時40分ごろ、勤務先の府警吹田署千里山交番の駐車場で、飯森裕次郎容疑者(33)=強盗殺人未遂容疑で逮捕=に包丁で胸や背中などを複数回刺され、救急搬送された。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング