写真

関西テレビの社屋=大阪市北区で2019年6月19日、大西達也撮影

放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会(委員長・神田安積弁護士)は12日、作家の岩井志麻子氏による「(韓国人は)『手首切るブス』みたいなもん」などのヘイト発言と受け取られかねないコメントを放送した関西テレビ(大阪市)のバラエティー番組「胸いっぱいサミット!」について、審議入りすることを決めた。審議対象となったのは4月6日と5月18日放送分。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング